インターネットでの発信はドメインやレンタルサーバーで勝負

本格的なホームページ作成ならインターネットはレンタルサーバー

インターネットでの発信はドメインやレンタルサーバーで勝負 ホームページを作成すると、基本的には、世界中から閲覧することができることになります。日本でアップロードして、海外のネットカフェなどで見れば、当然自分のホームページを見ることができることになります。日本語で書かれていても、日本語で表示されることになります。英語や中国語などのホームページがあるのと同様と言うことになります。通常ホームページを作成すると言うとき、プロバイダーのサービスを利用することが多いでしょう。

プロバイダーと契約をすると、インターネット接続が出来るのに加えて、いくつかのサービスが無料で付いています。ホームページの開設や、電子メールの利用などです。ただし、無料のサービスなので上限はあります。ホームページも無条件に大きなものと言うわけにはいきません。電子メールも一つが無料で、複数と言うときは有料になることがあります。それでも気軽に作成する文には十分ということです。でもビジネスで利用などになると変わります。

個人事業を行ったり、会社を起こして、そちらでホームページを作成することがあります。このとき、プロバイダ契約で行うと、ホームページのアドレスに、そのプロバイダの名称が表示されることになります。その後ろに自分の会社名などが表示されるのです。これではなかなか覚えてもらうことが出来ないと言うことになってしまいます。レンタルサーバーを経由すれば、自由にアドレスを設定することが出来ます。メールアドレスも複数持てます。

関連キーワード

Copyright (C)2022インターネットでの発信はドメインやレンタルサーバーで勝負.All rights reserved.