インターネットでの発信はドメインやレンタルサーバーで勝負

インターネットのセキュリティならレンタルサーバー

インターネットでの発信はドメインやレンタルサーバーで勝負 ホームページの改ざんを受けると言うことがあるということです。主に官公庁であったり、大企業など、受けると影響のあるところが狙われるということです。受ければ、一時的にホームページを閉鎖して、対応しなければいけないということになります。開設しているところにとっては、大きな問題となります。それによって問題のあるホームページを表示しているとなると、信用問題にもつながってくることになります。専門の担当者を置いて対応しているということです。

専門の担当者がいるというとき、昼間などに問題が起きればその場で対応します。でも夜間となると、次の日などになります。対応が遅れることになります。また、その兆候がわかれば、もう少し別の対応ができると言うこともあります。こちらも夜などではわからないということです。朝に来て、とんでもないことになっていると言うこともあります。大企業などでは、対応が可能でも、個人や中小企業などだと、非常にコストがかかることになります。

インターネット上にホームページを開設するとき、セキュリティを重視すると言うことであれば、レンタルサーバーを利用するのがよいということがあります。24時間365に日、監視は業者が行ってくれることになります。異常があれば、そのつど連絡をくれたり、初期対応をしてくれると言うことになります。復旧に関しても、行ってくれます。何より、専門の担当者を常駐させる必要がないということがメリットになります。

関連キーワード

Copyright (C)2022インターネットでの発信はドメインやレンタルサーバーで勝負.All rights reserved.